子ども部屋は何歳から必要?成長に合わせた部屋のつくり方で自立できる子どもを育む

子どもが小さい時はいいけれど、小学校入学が近くなると、そろそろ必要?と考えだすのが子ども部屋。

親なら誰しも、子供がすくすく成長できる環境を我が子に与えたいと願いますよね。

だけど、

本当に子ども部屋は必要なの?

ひとりで寝られるか心配… 

3人きょうだいだけど、どうしたらいい?

こんにちは!

住まいと暮らしのコンサルタント 川崎育代です。

子ども部屋って、年齢、性別、子どもの数によっても部屋の使い方は変わるし、親の教育方針にも左右されるところです。

  • 間取りの関係で十分なスペースや部屋数が取れない
  • そもそも、いるのかどうか迷っている
  • つくってあげたいが、どうしたらいいかわからない

そんな悩みのパパママが、しっかり親子関係を築き、自立できる子どもを育てていくための

子供部屋の考え方とつくり方についてお話します。

子ども部屋の考え方:子ども部屋=勉強部屋?

子どもは成長の段階に応じて、必要な環境も違ってきます。

そのために、子ども部屋は柔軟に捉えることが大事。

家の間取りに合わせるのではなく、ライフスタイルや子供の育て方に合わせて考えていく、また、将来子どもが巣立ったあとの活用法まで頭に入れておく必要があります。

まずは、子ども部屋の役割について述べていきます。

子ども部屋とは、子どもの居場所である

「子ども部屋」というと「勉強部屋」と捉えがちですが、実は、子ども部屋は子どもの「寝室であり生活する場」、

つまり「子供の居場所」なのです。

  1.  着替える、寝る、勉強する、遊ぶなど、行為の場
  2.  一人前と認められ、自我が芽生える場
  3.  じっくり物事を考えたり、大好きなことに没頭できる場
  4.  叱られたり悔しい思いをしたときにひとりになって心を落ち着かせる場
  5.  整理整頓を通し、自己管理能力を養う場

これらが子ども部屋に求められる役割なのです。

個室を持つメリット・デメリットとは?

個室としての子ども部屋があるメリットとして

  • 親にとって、子どもの荷物が1カ所にまとめられる、リビングが片付く
  • 子どもにとって、ひとりになれる場所がある、親に見られず好きなことができる
  • 思い切り泣いたり、感情を吐き出せる空間がある

デメリットとして

  • 子どもが部屋にこもって何をしているのかわからない
  • 子どもが部屋の掃除や片付けをしない

など、考えられます。

結局、子ども部屋はあったほうがいいの?

結論としては、子ども部屋はあったほうがいいです。

だけど、必ずしも最初から一つの部屋に、ベッド、机、収納家具など全部揃っている必要はありません

実は、子ども部屋があっても、そこでは寝るだけという子もたくさんいます。

「家族がいるから」「テレビがあるから」といった理由で、子ども部屋よりもリビングのほうで過ごす時間のほうが多いのです。

だからこそ、リビングを充実させ、家族一緒の居心地良さを追求するのも、子どもに対する教育方針のひとつだと思います。

個室デビューはいつから?

子どもの成長の段階で、プライバシーが必要になる時期は必ず来るので、個室はその時にあればいいのです。

小学校高学年から中学生になる頃、個室を持つ子が多くなります。

大人でも、ひとりの時間を大切にするタイプと、家族や友人と一緒に過ごす時間を大切にするタイプがいるように、子どもにもそれぞれ性格があるので、時期はその子に合わせて決めればいいでしょう。

子ども部屋のつくり方:年齢によってフレキシブルに

子供の成長の変化に合わせた子ども部屋のつくり方を見てみましょう。

大きく分けて3段階あります。

小学生の頃〜  リビングの一角に設けられたキッズスペース

乳幼児の頃は、安全に遊べるスペースと寝る場所さえあれば良く、むしろ家族とともに過ごす時間のほうが大切なので、特に子ども部屋の必要性はないでしょう。

リビングにキッズスペースを設けるなど、親が家事をしながら子どもを見守ることができるよう工夫しましょう。

小学生になると子ども部屋を考える人が多くなります。

この時期の子どもには、寝る場所、遊ぶ場所以外に、宿題や読書ができるスペース、そして、自分の服や持ち物を整理整頓しておける収納スペースが必要になってきます。

勉强するには個室のほうが集中できると思いがちですが、リビングやダイニングテーブルの一角に「勉強コーナー」を作ったり、親のパソコン作業のカウンターを兼用するなど、リビング学習をおすすめします。

リビング学習のメリットとして
  • 人の目や生活音があることでほどよい緊張感が生まれ、かえって集中しやすい
  • 親の存在が感じられることの安心感
  • 頑張る姿を親に見てもらえる喜び
  • きょうだいが一緒のテーブルで勉強する場合、上の子が下の子に教えてあげる

親が近くにいることで、宿題のわからないところを聞いたり、学校であったことを話したり、また親の方も子どもがなにか話しかけたときにすぐに答えることができます。

寝室としての子ども部屋を準備

小学生になる前後でひとり寝する子が増えますが、これも家庭によって時期に幅があります。

勉强はリビングでする子も、寝るのは自分の部屋で…、という子も多いでしょう。

子ども部屋に机を置かなくても、ベッドと遊びと着替えのスペースは必要。

自分の身の回りのことを自分で管理できるよう、クローゼットやボックスをおくためのスペースを計画しましょう。

思春期以降〜  個室としての子ども部屋

本格的に勉強部屋としての子ども部屋の場合は、集中できる環境づくが必要です。

とはいえ、集中力はなかなか長時間持続できないし、ひとりきりだとつい遊んでしまいがちです。

「机の配置を整えて整理整頓する」「温度や光など快適な環境にする」「気を高めるアイテムを利用する」工夫が必要です。

※詳しくは「集中できる部屋づくり」の記事を参照ください。

成長とともにインテリアの好みも変わるので、大きくなったらカーテンやクロス、寝具の色など模様替えも必要です。

気軽に替えたいのなら、ラグやベッドカバー、クッションなど小物でイメージチェンジを図りましょう。

巣立ったあと〜  子どもが使わない子ども部屋の使いかた

あまりにも小さいうちから子ども部屋をしっかりつくってしまわないほうがいい理由に、子どもが巣立った後の部屋の使い方があります。

活用法としては

  1.  夫婦の寝室として
  2.  書斎や趣味の部屋として
  3.  リビングとつなげて広いスペースとして

また、子ども部屋は複数設けるよりも、ひと部屋を家具などで仕切った方が、将来の活用に自由度が高くなります。

きょうだいの有無によって、性別の違いによって

子ども部屋の難しい点は、きょうだいの有無や性別の違い、将来子どもが増えるかもしれないなどいろんな場合があるため、ケースバイケースだということです。
ひとりっ子 ひとりだからと過剰に子ども部屋を居心地よくする必要はなく、むしろ家族が集まる空間を重視。

同性のきょうだい 一部屋を共有してもいいですが、年齢が大きく離れている場合は生活時間が異なるので、可能なら別々に。

異性のきょうだい 思春期がくれば必ず別々の空間が必要。

子供の数が多い スペースに限りがあり、子ども一人ひとりに部屋を用意することはなかなか難しい。

「同性同士は一部屋をシェアする」「1番歳が上の子に優先して部屋を与え、小さい子たちは一緒の部屋にする」などして、子ども部屋の数をあまり増やさないほうが将来的にもいいでしょう。

きょうだいで一部屋をシェアする

のちのち部屋を分けられる工夫が必要です。

  • 本棚や収納家具を部屋の真ん中に置いて間仕切りにする
  • 2段ベッドで部屋を仕切り、それぞれカーテンを付け一人のスペースを確保する
  • 突っ張りパーテーション突っ張り棒とカーテンの組み合わせで独立したスペースを作る

収納家具を選ぶときは、用途が限定されるものではなく、自由に使いみちを変えられるもの、後から追加して高さや幅を変えられるものを選びましょう。

自立できるおとなになるための子ども部屋 

子ども部屋をつくるいちばんの目的は、将来自立したおとなになるための「子ども部屋」であることです。

親と子のいい関係を育む

親と子が一緒に過ごす時間には限りがあるので、この時期に必要なことを子どもに教えていくには、リビングでのキッズスペースはいい機会です。

  • 家事や親の仕事を見せることで、家族の一員を自覚したり、手伝いを通して共同作業の楽しさを教える。
  • 自宅での仕事は書斎ではなく、子供といっしょにリビングで作業することで、親子で「学ぶ」という習慣をつくる。
  • 動線や空間のつながりで、家族のコミュニケーションや一体感を図る。

すすんで勉強できる子に

「親の目の届く」リビングやダイニングで勉強することで、あえて「ひとりきりになれない」環境が、やる気を引き出してくれるものです。

家族の会話やテレビの音など、外部から影響されやすい状況も、かえっていろんなことに頭を使い、情報処理能力を高めるという声もあるので、小さいうちは子ども部屋に机を置かないことで、すすんで勉強する子どもになる可能性もありますよ。

片付けが自己管理につながる

しっかり愛された子どもは自己肯定感が高く、自立できる子どもに育ちます。

自立の一歩として、自分の部屋を片付けたり整理整頓することで、自己管理や自己実現に向けたチカラが養われます。

なにより一人になって思い切り泣ける空間があることが、安定した感情形成に役立ちます。

まとめ

以上、子ども部屋の考え方と使いかたについて述べてきました。

子どもには「家族と一緒に過ごすことが大事な時期」「ひとりきりになれる時間と空間が必要な時期」があり、可能であれば最初から子ども部屋としての空間はつくっておいたほうがいいでしょう。

結局、「子ども部屋があるからこもってしまう」とか、「家族一緒がいいから子ども部屋はいらない」のではなく、子どもとちゃんと向き合わなければ、本当の意味で親子のコミニュケーションは生まれません。

子ども部屋のあるなしに関わらず、どのように家族が子供と関わりを持つかが、自立した子どもになる大きな鍵と言えるでしょう。

家族がつながるための「リビング」、「ダイニング」についてはこちらをどうぞ。

3つの工夫でリビングに家族が集まる!会話を楽しむ!つながる空間づくり

家族をつなぐダイニング!五感でおいしさ演出する空間づくり

住まいと暮らしのコンサルタント 川崎育代の オンライン無料相談について

なんとなくすっきりしない、いつももやもや・・・

だけど、何から始めたらいいのかわからない。

じぶんにぴったりの「オーダーメード」のスーツがあるように、

あなたにフィットした、あなただけの「暮らし方」があるのです。

すっきり整ったその先の、ちょっと豊かな生き方のヒント、さがしてみませんか?

まずは無料にて、住まいと暮らしのお悩みについて相談いただけます。