運気を上げたい人は、トイレ空間に可能性を感じ、風水を取り入れている

こんにちは!
暮らしをリノベーションする くらリノ です。

 

多くの人が、1日の始まりと終わりに必ずお世話になる場所といえば・・・

そう、トイレですね!

あの狭い空間の中で、他の部屋にも負けないくらい心地よさを追求することって可能だと思いますか?

トイレは完全なプライベートの場、そして他の人とシェアする空間だからこそ、もっと楽しむべきところ。

ここでは、幸せに成功する人がトイレを「クリエイティブの場」としてとらえ、「金運を高め、パワーアップしている」
その秘密についてお話していきます。

 

居心地のよさは、きれいなだけではない

「汚くて臭い」「恥ずかしいところ」という意識のため、なかなか空間づくりという意識が芽生えにくかったトイレ。

しかし、和式から洋式が主流となり清潔性が保たれるようになると、トイレに対する意識も変わり、居心地の良さを追求する空間になりました。

滞在時間は短いが、使用頻度は最も高い

ある調査によると共働き世帯で1日に自宅のトイレを使用する回数は、一人あたり4回以上と答えた方が全体の2/3以上で、なかには7回以上という方もいます。

家族構成や年齢によっても異なりますが、住人全員となると平均16回以上の使用頻度となります。

それだけトイレは汚れやすい場所。誰もがもっと快適に過ごしたいと考えるのです。

トイレこそ、クリエイティブな場所!?

ライフスタイルの変化から、最近は半数以上の男性が座って使用するようになり、それに伴い増えたのがトイレタイムの変化です。

本来の目的以外ですることとして、スマホを利用する」が、本や新聞を読むこと以上に多くなっています。

そして、次に多いのが考え事をしている

 

一人きりになれるリラックスできる場だからこそ、瞑想して心を落ち着かせたり、いいアイデアが生まれクリエイティブな時間になる…。

トイレは長居したくなる場トイレタイムを有効な時間として考える人が増えたということですね。

 

成功に必要なことは、トイレが清潔であること

幸せを掴む人は、トイレを自慢できるくらいきれいな空間にしています。

「トイレをキレイにして金運がアップ!」「トイレ掃除をすることで仕事で成功!」という声はよく耳にしますね。

人がやりたがらないことをすすんですることで、謙虚な気持ちが生まれまわりの人のサポートも受けやすくなり、結果人生が好転するのでしょう。

 

ラクしてきれいを保ち、運気をアップ!

トイレはプライベート空間でありながら、自分だけでなく住む人みんなが使い、また、家族以外にも使用する可能性が高い個室。

お客様目線でインテリアや収納を考えることも大事です。

環境を整えてきれいを保つ

トイレでいちばんの困りごとは、汚れとニオイ

換気 窓があれば、ニオイを逃し自然光を取り入れることができるので、明るく清潔なトイレをキープしやすくなります。

窓がない場合は換気扇をこまめにまわし、つねにニオイや湿気がこもらないよう心がけましょう。

照明 明るさをそれほど必要とする場所ではないけれど、汚れに気づきにくいこともあるので、必要な明るさは十分取りたいものです。

光が入らず暗くなりがちなときは、グリーンを置くなどして空間を明るくしましょう。

汚れに関しては、「お手入れ」のところで述べていきます。

インテリアにこだわってきれいを保つ

トイレのインテリアを考える時、次の3点を中心にまとめたらいいでしょう。

シンプルに控えめに

白を中心に、殺風景にならない程度にモノもなくし、清潔感あふれる空間づくりがいいでしょう。

スッキリした空間から、いいアイデアが浮かんでくるかも。

小さい子供がいる家庭では、怖くない雰囲気づくりを

小さい子供にとって、トイレに怖いイメージを持つと安心できなくなってしまいます。

クロスは白で明るく、親しみやすい雑貨を置くなどして楽しい雰囲気で。

子供中心の目線でも、ごちゃごちゃモノが溢れているのはNG

 

遊びココロでちょっと冒険を

広いスペースではできない色や素材を楽しめるのも、トイレならではです。

他とは別の雰囲気を持たせ、遊びココロのある空間になることで、トイレに入るたび気持ちのスイッチも変わることでしょう。

収納を工夫して

余分にストックするのを防ぐため、トイレに必要なものはできるだけトイレに収納したいですね。

とはいえスペースには限りがあるので、最小限の量で在庫管理に気を配りましょう。

床や棚の上に出しっぱなしではなく、かごやクロスを利用するなど、他人の目を意識した収納も大切ですよ!

インテリアアイテムを取り入れて

アロマやお香 換気していても気になるニオイを手軽に解決してくれ、おすすめはミント系やかんきつ系。

よく乾燥させたコーヒーがらをおしゃれなビンにいれ、消臭に利用するのもいいですね。

観葉植物 ぜひ、トイレに置きたいアイテムですが、日当たりの問題で本物のグリーンが置けない場合は、フェイクでもOK!

癒し効果だけでなく、消臭効果のあるフェイクグリーンもありますよ。

こまめなお手入れできれいを保つ

トイレは、嫌いな家事のNo.1!

8割の方が、週1回以上の頻度でトイレ掃除をしています。

手早くラクにお手入れしたいですよね。

便器、便座 「隙間の汚れが落ちにくい」「汚れがつきやすい」「小水の飛びハネ」は、お掃除でもっとも気になるところ。

まず、便器全体を軽く掃除し、汚れが溜まりやすい便座の裏や便器のふちは特に念入りに。

手が届きにくくお手入れしにくい場所なので、見えない部分も忘れずチェックを。

手洗い タンク式で背面に手洗い付きのトイレか、それとも別に手洗いがあるのかで、手を洗うときの水ハネは変わってきます。

トイレを使用するたび、手洗いボールや床の水ハネに注意しましょう。

床・壁 床でいちばんの汚れは小水の飛びハネ!  思う以上に便器まわりに飛び散っていますよ。

また、腰から下の壁は水ハネや湿気でカビが付いていることもあるので、タオルの交換もあわせてこまめに対策を。

 

金運アップしたい人が活用している風水とは

さて
気持ちよく使用したい場であるとともに、金運アップの要所といわれるトイレ。

気を高めるために、風水を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

 

風水とは、中国発祥の「気」の力の作用を考えた環境学のこと。

こうしてはいけないと制限されるのではなく、情報源のひとつとして、こうしたらいいという知恵を活用していくのです。

トイレ風水の基本は、こまめなお掃除

トイレは風水において、「邪気」が発生しやすいところです。

いつも水が溜まり悪い気も溜まりやすい場所だからこそ、きれいに保つと開運の効果が大きいところなのです。

下記のすべてを行うのが難しい方は、自分にとっていいと思うことだけ取り入れてみてくださいね。

運気を上げるもの

香り 浄化の力を持つアロマやお香がいいことは、先程も述べたとおり。その他には竹炭も。

盛り塩 こまめに取り替えること。湿気が多く塩の山がグダグダになるくらいなら、置かないほうがいいかも。

スリッパ、マット 気の切り替えという点で大切な風水アイテム。なお、スリッパはトイレ専用のものを。

クリスタルの置物 邪気を払い、浄化してくれるので、悪い気が溜まりやすいトイレにはおすすめ。

観葉植物 植物の緑が邪気を払ってくれる。鉢は陶器にするほうがいい。

なお、トイレで最強の開運グッズはサボテン

他には、アイビーなどつる性植物は成長が早いので縁起がよく、日陰でも良く育ちトイレにはぴったりです。

 

運気を下げるもの

余分なものを置かない、ストックは最小で。

 紙は悪い気を吸い込んでしまう。どうしても、という人はトイレ用の本として他には持ち出さないこと。

携帯 陰の気が影響して、物事が滞ったり相手との中がうまく行かなくなりやすい。

エネルギーが水と一緒に流れるのを防ぐためにも、ドアを閉める、フタを閉める

 

開運ポイントのおさらい

  1. トイレは清潔に
  2. ニオイ対策はしっかりと
  3. 換気扇や窓を開けて空気の流れを作る
  4. フタ・ドアはしっかり閉める
  5. 観葉植物を置く
  6. マットとスリッパを置く
  7. 本や雜誌は置かない
  8. カレンダーを置くのは良くない
  9. 家族や自身の写真を飾るのは良くない
  10. ドライフラワーを飾るのは良くない
  11. 時計を置くのは良くない

 

風水の基本も清潔であることには変わりありません。

トイレに入るたび、「ああ、素敵な空間に守られている」という気持ちになり、心が良い状態になれば物事の流れも整い、結果、お金の巡りも良くなるに違いないでしょう!

 

まとめ

トイレは小さなスペースだからこそ、部屋づくりを考える人にとってチャレンジしやすいところです。

  • 常に清潔な空間を保って毎日を心地よく!
  • 一人きりで快適に過ごせる時間を有効に!
  • 環境のチカラで金運もアップ!

トイレをきれいにすることで、住む人の運気も高まりますよ。

 

お知らせ 住まいと暮らしのコンサルタント  「くらリノ」の オンライン無料相談について

なんとなくすっきりしない、いつももやもや

心地いい部屋にしたいけど、いまひとつあか抜けない・・・

だけど、何から始めたらいいのかわからない!

部屋づくりを通して、豊かな生き方のヒントやアイデア、いっしょにさがしてみませんか?

住まいと暮らしのお悩みについて、まずは無料にてご相談承ります。お気軽にどうぞ!